よくある質問

よくいただく質問

オーニングに関して、よくお問い合わせのあるものをいくつかご紹介いたします。


こちらの例にないご質問、さらに詳しく聞きたい内容などございましたらお気軽にご連絡下さい。

Q.


オーニングの耐久性は何年くらいですか?

A.


オーニングのフレーム機材は表面仕上げされたアルミ製かステンレス製です。

通常のご使用であれば10年以上の耐久性は十分に確保されております。

お手入れは年に数回、フレームに付着したホコリなどを水拭きすることと、可動部分のホコリの除去で充分です。原糸染色のアクリルキャンバスは他の素材に比べ優れた耐候性があります。

そのため発色がよく鮮やかな色彩を長く保つことができます。

カビや腐食対策も施されており、メーカーは数年間の素材保障をしております。

また紫外線により徐々に色あせが発生しますがその程度は使用環境や頻度により異なります。

寒色(青、緑)系のほうが暖色(赤、黄)よりも色持ちがいい傾向があります。

キャンバスは適切なクリーニングとお手入れがされれば8~12年の寿命があります。

Q.


キャンバスの手入れはどうしたら良いのですか?

A


ホコリや汚れがキャンバスに付着し織目に入り込む前に取り除くことをお薦めします。

キャンバスが乾いている時に柔らかいブラシでホコリをはらうか掃除機で吸い取って下さい。

ついてしまった汚れは中性洗剤とぬるま湯をスポンジか柔らかいブラシにつけて丸く円を描くように洗い流して下さい。

その後、キャンバスをよく自然乾燥させてから収納して下さい。

硬いブラシや高水圧での洗浄、ドライクリーニング、シンナーなどの使用は避けて下さい。

Q.


注文するときの寸法はどうやって見るのですか



A


サイズは窓枠よりも多少大きめの方バランスがよろしいかと存じます。

目安としましては、窓枠などよりも+10cm以上とお考え下さい。

Q.


取り付けの工賃はどれくらいかかりますか?



A


基本工事費は、60,000円となります。(内訳:作業員2名+交通費)

Q.


できれば現場を見てもらいたいのですが?



A

施工可能範囲以内であれば、無料にて現場にお伺いさせて頂きます。

その他の地域に関しましては、交通費(高速代)を頂ければお伺いさせて頂きます。

しかしながら、オーニングの取り付けは、お写真を拝見させて頂ければ、ほとんどの場合、現場に出向く必要はございませんので、まずはお写真をご送付下さいませ。

まずはメールにてお問い合わせ下さい。

Q.

保障はありますか?



A

生地には2年間の保障がついております。稼動部分につきましては、通常使用に伴う事故の場合は、保障適用となります。

自然災害などにつきましては、保障の適用外となります。

Q.

風に弱くはないですか?

A

日本オーニング協会に加盟しているフレーム供給業者の製品は風に対して充分な強度設計がなされております。

機種により異なりますが、風速10~20mまでは耐えうる構造になっており、建物への適切な施工がなされていれば通常の風に心配はいりません。

強風(風速10m以上)時や、強風が予想される時には使用しないで下さい。

Q.

オーニングのカバーケースは必要ですか?

A

カバーケースは夜間やオフシーズンにおけるキャンバスの保護に役立ちますし、オーニングと壁面との「雨じまい」にはカバーケースが必要となります。

カバーケースはオプション設定になってはおりますが、ご使用をお薦め致します。

Q.

取り付け後の移設は可能ですか?

A

オーニングの取り付後に場所の変更は可能でございますが、お勧めはいたしません。

お取り付けの際は、取り付け場所など十分に確認をお願いいたします。

また、移設をする場合は新たに施工費用が発生いたします。ご了承くださいませ。

Q.

取り付け後のサイズ変更は可能ですか?

A

オーニングのサイズの変更でございますが、ご注文時点より後のサイズ変更は別注文となりますのでご注意ください。取り付け後にサイズ(出幅)の変更をする場合、アーム、キャンバスなどの部材費と施工費用などがかかります。ご注文の際はサイズなどよくご検討いただきますようお願いいたします。

Q.

建物や床に傷をつけずに取り付け可能ですか?

A

オーニングは壁、天井などに取付けるため、建物に予め設置可能な固定金具など無い限り、穴を開けたりの加工が必要となります。また柱を立てる独立型などもありますが、床面に穴を開けて埋め込む必要があります。床と天井に突っ張り棒のような形で柱を設置する方法は危険ですのでおやめ下さい。

Q.

オーニングの取り付け工事は自分でできますか?

A

オーニングの取り付けにつきましては詳細な施工説明書があります。

建物の構造についての知識があり、DIYの経験がありならば、取り付け可能です。

また、ご相談頂ければ具体的な施工の指導も致します。オーニングは頭上に設置し、しかも可動する製品です。

また、アームを伸ばしたときには先端に重心がかかるため、取り付け箇所に大きな負荷がかかります。

製品の保証にも関わる問題ですので、できましたら専門的な知識のある業者に施工を依頼されることを お薦め致します。

日本オーニング協会では落下などの事故防止に「オーニング安全施工技術士」を認定しております。

Comments are closed.