オーニングのプロショップ@リーベ > オーニングの魅力と効果

オーニングの魅力と効果

オーニングの効果

オーニングなどの日よけ、雨よけを取り付けることで様々な効果や満足感を期待することができます。

日よけ効果
<夏期>
強い日差しや、西日など室内に差し込む太陽光線に対して、室外にオーニングを設置するオーニングや日よけ、ひさしなどは、カーテンやブラインドの約10倍日よけ、断熱効果を発揮します。

<冬期>
低い位置にある太陽は暖かさをくれる代わりに、日焼けや写り込みなどのちょっとした迷惑な所もあります。 テレビに映り込んだりお気に入りの家具が日焼けしたり。太陽光を調整して明るさや温度の調整などにオーニングやひさし、日よけが活躍します。
雨よけ効果
洗濯物を干したまま出かけたいけど・・・。
雨大丈夫かしら。
バルコニーに干してある子供の靴、ベランダでの喫煙なんてことも。
もちろん家族のコミュニケーションの場として、雨の日も空間を確保します。 また、店舗などの商業施設の場合は、店先の商品保護、お客様の誘導などにもオーニングは雨よけ以外にも効果を発揮します。
身体的効果
<健康対策>
エアコンが当たり前になった昨今、オフィスや、交通手段などだけではなく、家庭でも「効き過ぎ」による冷え性、腰痛、肩こり、頭痛などに悩む人が増えています。 また、冷房の効きすぎはストレスの原因となり、睡眠時なども疲れが抜けず逆に倦怠感の原因になるとも言われています。 オーニングや、ひさしなどの設置は直射日光を遮ることで周辺との温度差を生み、風を生み出します。外気を取り入れ省エネで健康的な生活を応援します。

<紫外線対策>
オゾン層の破壊によって今までよりも多くの紫外線が地上に届いています。 タンパク質を変質させるため一定量以上の紫外線によって、疾患などの原因になっていると言われています。
日よけ、ひさしなどの設置は紫外線を大幅にカットすると同時に、赤外線を抑えるので熱気をやわらげることができます。また直射日光を避け、快適な明るさで外気に触れられます。
省エネ効果
オーニングや、よしず、日よけ、ひさしはカーテンやロールスクリーン、ブラインドよりも省エネだと言われます。
それには、ガラスの温度が大きく関わります。室内に日光を遮る物を設置してもガラスの温度上昇は遮ることができません。 ガラスの温度が上がれば室内の気温が上昇してしまいます。エアコンの効率を上げて省エネに貢献します。
また、風を生みエアコンのない生活時間を、増加してくれるでしょう。
オーニングは明るさや温度調節など、より快適な空間を提供します。
室内およびプライバシーの保護
隣に家が建ち窓から部屋が見えてしまう・・・。おちついてくつろぎたい、庭やバルコニーで食事を楽しみたい。 オーニングやひさし、日よけで屋外からの視線を防ぎ、プライバシーを保護することが可能です。あからさまに視線をふさがないため、相手に対しても不快感を与えません。もちろん不要なときは収納することで、TPOに応じた使い方が可能です。
オープンスペース効果
お庭のウッドデッキやテラス、バルコニーなど、屋外であるはずの空間。
オープンスペースへのオーニングの設置は、驚くほど効果的です。
屋外がまるで屋内になったような錯覚さえ与えてくれ新しい空間を作り出してくれます。
店舗では限られたスペースを有効に活用できるなど、新たなコミュニケーションスペースを作り出すことが可能となります。

ファッション・デコレーション効果
見慣れた家や店舗にオーニングを取り付けることで手軽なリフォームが可能です。
名前を入れたり、ロゴを入れてオリジナルにしたり、お友達が訪ねてくる際の目印にもなります。
明るく楽しい気持ちをもたらしてくれることでしょう。

Comments are closed.